アレルギー性鼻炎・結膜炎

アレルギー性鼻炎や結膜炎は、スギ花粉や家の中のハウスダスト(ダニが主)やペットの毛などが原因で起きるアレルギー反応です。
特にスギ花粉が原因の場合は、「花粉症」と一般的に呼ばれています。それぞれの原因によって対策や治療が異なるため、正確な診断と適切なケアが大切です。
当クリニックでは、アレルギー性鼻炎についての詳しい情報を提供し、患者さんの相談に応じています。お困りのことがあれば、お気軽にご連絡ください。

アレルギー性鼻炎・結膜炎ってどんな病気?

目をかく子どもアレルギーは、お子様の免疫系が特定の物質に過剰反応を起こすことで引き起こされる状態です。
この中でも、アレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎は一般的な病気として知られています。
アレルギー性鼻炎は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどが長い間続く症状です。
お子さんが朝になるとくしゃみが止まらない、鼻がかゆくてつい鼻をこすってしまう、鼻をすすりたくなる、といったことが特徴的です。
アレルギー性結膜炎は、目がかゆくてたまらない、目が赤くなる、涙が止まらない、目やにが出るといった症状が長く続く状態です。

お子さんが目をこすってしまうことで、目の周りが赤く腫れ上がることもあります。
アレルギーには大きく分けて2つのパターンがあります。
一つは季節性のアレルギーで、特定の季節にだけ症状が出るものです。スギやヒノキなどの花粉が原因で、特に春や秋に症状がはっきりと現れます。
もう一つは通年性のアレルギーで、一年中症状が出続けるものです。ハウスダストやダニなどが原因で、特に室内で症状が出やすいです。

アレルギー性結膜炎や鼻炎の治療

アレルギーの治療は主に次のような方法があります

抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬・ロイコトリエン受容体拮抗薬)

これらの薬はアレルギー性鼻炎の症状を和らげるために使用されます。くしゃみや鼻水、鼻づまりを抑制する効果があります。

鼻スプレー

鼻づまりや鼻炎の症状を軽減するためのスプレーです。鼻に直接吹きかけることで鼻の炎症を抑えます。ただし、ステロイドの鼻スプレーは継続的に使用することを推奨しますが、血管収縮薬の鼻スプレーは症状が悪化したときのみ使用し、連日の使用は避けましょう。

目薬(抗アレルギー薬、ステロイド)

抗アレルギー薬の目薬はアレルギー反応を抑え、目のかゆみや充血などの症状を軽減します。
ステロイドの目薬は強力な炎症抑制作用があり、重度の症状に対して使用されます。
目薬の使用には、指示された回数と頻度を守ることが重要です。
また、ステロイドの目薬は長期使用には注意が必要で、定期的な眼科の診察が推奨されます。

舌下免疫療法

これはアレルギーの原因物質(例えばスギ花粉やダニ)を少量ずつ体内に取り入れ、体を慣れさせる治療法です。
アレルギー反応を軽減する効果があります。
舌下免疫療法に関する詳細な情報や相談についても、当院ではお受けしていますので、お気軽にご相談ください。
詳しくはこちらのページをご参照ください。

舌下免疫療法についてはこちら

予防や自宅でできる対策は?

アレルギーの予防や自宅でできる対策については以下の通りです。
これらの対策を行うことで、アレルギーの症状を抑えるだけでなく、生活の質の向上にもつながります。
それぞれのライフスタイルに合わせて、可能な範囲で対策を講じてみてください。

アレルゲン接触の避ける

掃除アレルゲンとの接触を避けることが最も重要な対策です。
花粉症の場合、花粉の飛散が多い場所を避けましょう。ハウスダストやダニのアレルギーでは、定期的に掃除を行い、特に布団やカーペットなどダニが集まりやすい場所の清掃を徹底することが重要です。
また部屋の湿度を適切に管理することも重要です。

鼻洗浄

鼻をかむ子供鼻洗浄は、アレルゲンや刺激物質を鼻から取り除き、鼻の炎症を緩和する効果があります。



マスクやメガネの着用

外出時にはマスクやメガネを使用することで、花粉やハウスダストの吸入や目への付着を防ぎます。



外出後の対策

外出から帰ったら、着ていた衣類をすぐに洗濯し、髪の毛も洗うことで、体に付着したアレルゲンを取り除くことができます。



記事執筆者

院長 鈴木俊輔

山と空こどもアレルギークリニック院長 鈴木俊輔

学位
  • 医学博士 1556号
  • 2011年4月20日 ロタウイルス感染に伴う中枢神経合併症における髄液サイトカインの検討 (Cerebrospinal fluid cytokine in central nervous system involvement associated with rotavirus infection) 東京医科大学雑誌(0040-8905)69巻2号 Page227-233(2011.04)
資格・所属
  • 日本整形外科学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本小児整形外科学会
  • 日本人工関節学会
標榜科目 小児科・アレルギー科
TEL 042-686-3447
アクセス 〒192-0074 東京都八王子市天神町24-3
プラムフィールド1F
八王子駅から徒歩15分
駐車場15台分完備 Googlemap
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

…9:00~13:00
休診日…木曜日午後・土曜日午後・日曜日

地図
TOPへ