ブログ

小学校入学前に接種しておきたいワクチン

お子さんにとって小学校は本格的な集団生活の始まりです。幼稚園や保育園に比べ、小学校に入ると広く社会に接することとなります。このため、感染症にさらされる機会も多くなり、リスクも高まりますので、入学前にワクチンの接種忘れがないかを確認しておくことをおすすめいたします。

日本小児科学会では、下記の4つワクチンの接種が年長さんには推奨されています。

 

・麻しん・風しん(MR)ワクチン(定期接種)

・おたふくかぜワクチン(任意接種)

・3種混合(DPT)ワクチン(任意接種)

・不活化ポリオワクチン(任意接種)

 

 

■麻しん・風しん(MR)ワクチン

MRワクチンは麻しん・風しんを予防するワクチンです。通常1回目を1歳に、小学校入学前に2回目をもう1度打つ、定期接種のワクチンです。接種期間が決まっており小学校入学までに接種しないと自費での扱いとなり、1回目からかなり期間が空いてしまうことと小学校入学前のバタバタもあり忘れがちなので注意しましょう。麻しん・風しん(MR)ワクチンは小学校入学前までに接種しないと自己負担金が発生しますので、まだ接種がお済でないお子さんは余裕を持って接種するようにしましょう。

 

■おたふくかぜワクチン

おたふくかぜワクチンは、1回目を1歳で接種し就学前に2回目の接種が推奨されているワクチンです。おたふくかぜにかかってしまうと、頬の痛みや腫れ、高熱などの症状が出たり、髄膜炎、精巣炎、膵炎や難聴など多くの合併症もあるため接種をおすすめします。

おたふくかぜはワクチンにより高い確率で予防することができ、日本では定期接種に含まれないため任意接種扱いとなり自己負担金が発生してしまいますが、その効果は世界中で認められています。

 

【八王子市にお住いの方へ】

八王子市にお住いの方(住民登録がある方)においては、おたふくかぜワクチンは八王子市から全額助成がでるため、自己負担金なし(無料)で接種することができます。

 

 

 

■3種混合(DPT)ワクチン・不活化ポリオワクチン

3種混合ワクチンとはジフテリア、百日咳、破傷風に対するワクチンです。これにポリオを加えた4種混合(DPT-IPV)ワクチンが現在定期接種の対象となっています。

百日咳の予防のために年長のお子さんには3種混合ワクチンの接種がすすめられています。すでに4種混合ワクチンを打っているため必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、百日咳は赤ちゃんから大人まで誰でも感染する可能性がある疾患です。

百日咳についてはワクチンで得た免疫が4種混合ワクチンを4回接種済でも就学前の時期には少なくなってしまうため、5歳頃から百日咳に感染するお子さんが増えております。

4種混合ワクチンの5回目の接種はできませんが、3種混合ワクチンを就学前の時期に接種しておくことで、百日咳にかかった場合でも重症化を防ぐことができるため接種をおすすめします。

また不活化ポリオワクチンについては、日本では0歳と1歳の計4回の接種で完了とされていますが、百日咳と同じくポリオについても、4回の接種を行っていても5歳頃から抗体価が低下してくるため、就学前のポリオワクチンの接種もおすすめしています。

世界的には5歳以上で1回接種することが必要と言われており、WHOでも5回接種が推奨されています。

 

 

当院でも定期接種のMRワクチンや4種混合ワクチンはもちろん、今回ご紹介しましたおたふくかぜワクチン、3種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンも接種可能ですのでご相談ください。

花粉症対策を始めましょう!

「もしかして、うちの子、花粉症?」そんな心配を抱えたまま、毎年見過ごしていませんか? 2月になると、花粉症の症状でお子様を連れて来院される方が増えます。花粉が舞い始める前に薬を使い始めることで、症状を軽くすることが可能です。ぜひ早目の対策を心がけておきましょう。

■ 子どもの花粉症とは? 最近は、花粉症に悩む方が年々増加しています。2019年のデータによると、約3人に1人がスギ花粉症であると推定されています。子どもの中には、2~3歳から症状が現れることもあります。特にアレルギー体質のお子様は、花粉症になりやすい傾向にあります。

■ 子どもの花粉症の見分け方 花粉症の特徴は、毎年同じ時期に似た症状が現れることです。毎年特定の時期に、水っぽい鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目や鼻のかゆみがある場合、花粉症の可能性が高いでしょう。小さなお子様では、初期症状が風邪と似ていることもありますが、鼻や喉の診察により診断が可能です。心配なら、一度クリニックで相談してみてください。

■ 子どもの花粉症の治療 お子様の花粉症治療では、大人と同じく、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬などの飲み薬、目薬、点鼻薬を使用します。

■ 花粉症の初期治療 花粉症シーズンを快適に過ごすためには、花粉が飛び始める1~2週間前から薬を使うことが効果的です。これを「初期治療」といいます。「花粉が本格的に飛び始める前」「症状が悪化する前」に薬を使い始めることがポイントです。初期治療について興味がある方は、当クリニックまでご相談ください。

■ 子どもの花粉症対策 花粉症対策の重要なポイントは、花粉を体内に入れないことです。子どもは自分で対策を取るのが難しいため、保護者の方のサポートが必要です。外出時は花粉が付着しにくいナイロン製のウインドブレーカーを着せ、帰宅後は手洗い・うがいで花粉を洗い流しましょう。マスクや眼鏡も効果的です。加えて、洗濯物や布団を外に干さない、部屋を加湿して花粉の舞い上がりを抑える、空気清浄機の利用などもお勧めします。

花粉症は早めに治療を始めることが肝心です。特にお子様では、症状がはっきりしないことも多いので、見逃されがちです。鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの症状がある場合は、一度クリニックで相談してみることをお勧めします。

赤ちゃんの肌トラブルに要注意!

あせもとは汗の通り道である汗管がつまることが原因で起こる肌トラブルです。汗をかきやすい夏場や運動後など体温が上昇すると、体温調整するために汗が体から排出されます。しかし、空気中のほこりや汗に含まれている塩分などで汗菅がふさがれ、汗がスムーズに体の外に排出されない状態に陥るとあせもができてしまいます。大人に比べて赤ちゃんの皮膚はデリケートなため、皮膚の汚れや汗の成分による刺激に弱く、あせもを含めた肌トラブルを起こしやすい傾向にあります。

もしあせもになったときの一番の対策は肌を清潔に保ち、保湿を心掛けることです。そのための対策としてはいくつかご紹介いたします。

【あせも対策】
・汗をかいたらこまめにふき取りましょう
赤ちゃんは新陳代謝が激しく汗をかきやすいです。汗をかいたらぬれたタオルなどでこまめにふき取ったり、着替えさせたりし肌を清潔に保つことが大切です。

・おむつの交換はこまめにしましょう
赤ちゃんがおむつを着けている場合、首やわき、ひじの内側、ひざの裏側などが皮膚がこすれて蒸れやすい部位です。おむつはこまめに交換することが大切です。

・室内の温度・湿度を調節する
室内の湿度は40%~60%。気温は夏場は26〜28度、冬場は20〜22度くらいを目安に調整するようしましょう。

・通気性が良くやわらかい素材の衣類を選びましょう
赤ちゃんの服は、通気性・吸湿性の良い素材を選ぶことが大切です。綿100%の肌着などがおすすめです。また、袖がある服の方が、汗を吸い取りやすいです。紫外線を防ぐという意味でも、袖がある服装がおすすめです。

【赤ちゃんのスキンケア対策】
赤ちゃんの肌は大人の肌と異なり薄く乾燥しやすいため、入浴やシャワー後などは、ベビーローションなどで保湿を必ずしましょう。
また、赤ちゃんの肌は大人の約半分の薄さで皮膚のバリア機能も未発達です。皮膚のバリア機能を補強してあげることで、皮膚がかぶれにくくなり皮膚トラブルの予防にもつながります。皮膚のバリア機能は鍛えるものではなく、守ってあげることが大切です。保湿剤で補強し、トラブルを起こしにくい肌にしましょう!
市販の保湿剤などを使っても症状が改善しない場合は、お気軽に当院までご相談ください。

今年のインフルエンザについての注意点!

いつも当クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

近週、全国的にインフルエンザの感染が急増しています。特に小児は感染リスクが高く、重症化しやすいため、十分な注意が必要です。

予防の基本として、手洗い・うがいの習慣をしっかりと身につけてください。特に学校や保育園などの集団生活を送るお子様には、毎日の検温と健康チェックをおすすめします。

症状が出た場合は、熱、頭痛、関節痛、喉の痛みなどの典型的な症状が現れることが多いですが、小児では腹痛や下痢など、大人とは異なる症状が出ることもあります。何か異常を感じたら、すぐに医師の診断を受けることをおすすめします。

インフルエンザワクチンの接種も効果的な予防策の一つです。まだ受けていない方は、お早めの接種をお考えください。

最後に、この時期は他のウィルス感染症も流行しています。体調管理をしっかりと行い、健やかな冬を過ごしていただけるよう、スタッフ一同サポートしてまいります。

春の悩み、優しくサポート


春がもたらすスギ花粉症。お子様のくしゃみや鼻づまりに、お母さまもお辛いですね。「山と空こどもアレルギークリニック」では、舌下免疫療法でお手伝い。お子様の体を少しずつ花粉に慣れさせ、症状を穏やかにします。ただ、スギの舌下免疫療法薬が一時的に不足しております。ご迷惑をおかけし、心からお詫び申し上げます。皆様の健やかな春を、これからもサポートして参ります。

「山と空こどもアレルギークリニック」の新しい一歩

こんにちは、当クリニック院長です。10月2日の開院以来、たくさんの笑顔に出会い、心からの感謝を伝えたいです。子どもたちの健康な笑顔が、私たちの最大の喜びです。私たちクリニックは、これからも皆様の笑顔が溢れる場所を目指します。ご支援とご信頼に感謝し、一緒に明るく元気な未来を築いて参りましょう。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ブログを更新していきます。

local_offer院長ブログ

ブログを更新していきます。

標榜科目 小児科・アレルギー科
TEL 042-686-3447
アクセス 〒192-0074 東京都八王子市天神町24-3
プラムフィールド1F
八王子駅から徒歩15分
駐車場15台分完備 Googlemap
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00

…9:00~13:00
休診日…木曜日午後・土曜日午後・日曜日

地図
TOPへ